弱者を抹殺する。 不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければと思います... - Yahoo!知恵袋

“~民主党政権時代~
最高裁「小選挙区の一票の格差ありすぎ。違憲状態認定ね」

自民「それじゃ0増5減で対応しよう」
民主「比例80削減!」

自民「え?」
最高裁「え?」

樽床「(絶対にこの条件なら野党が応じないからな)比例80削減とセットでなければ一切応じない」

野党「え?」

民主「一票の格差問題が解決していないから解散はできない。キリッ」
民主「野党が定数削減に消極的なのは残念だ」

自民だけでなく民主党をしばしば擁護してきた共産などもさすがにキレはじめる。

樽床「それなら私案を出す」
~樽床、私案を出すどころか考え中ということにして時間稼ぎ~

~2ヶ月後党首討論にて~
谷垣「樽床さんが私案を出すって言ったきり待てど暮らせど出てこない。野田さんも指示を全然出してない。それどころか民主は自民に野党をまとめろと言った。野党をまとめるのが野党の責任って言うのはどういうことだよ。決められないのならまず出来ることから順番に片付けるのが筋だろ、違憲状態の改善(0増5減)からやるべきだろ」

野田、渋々これを認めて受け入れる。

~翌日~
樽床「あれは総理の個人的意見だから関係ない」

(解散しない理由として使っていることに気付いたらしく)
野田「あれは個人的意見でした」

~安倍総裁との党首討論~
野田「定数削減をやるのか!どうだ!」
安倍「受けて立ちますよ。でもその前に違憲状態の改善をしてから話を進めよう」

野田がこの方針を受け入れ、自公民三党が合意

~政権交代~

民主(うわ、安倍内閣支持率高すぎ、我が党低すぎ、今衆参同日選挙やられたら民主党壊滅しちゃう)

民主「80削減とセットでなければ0増5減は応じない!」
(再び徹底時間稼ぎに)

3ヶ月以上も時間稼ぎされ自公が諦めて衆院で0増5減を可決させ参院へ送付

民主が議長や常任委員会の委員長ポストを占める参院では
0増5減を審議させずに店ざらしにして時間稼ぎ

参院送付から57日経過(60日でみなし否決になり衆院で再可決可能になる)
民主・轟木「俺が委員長として自公の質問時間を0に決定しました。
あとみんなの党が言い出してる18増23減を審議するわ」

自民「ふざけんなよ!与党には質問の権利を一切与えないとかめちゃくちゃだろ」

民主これを無視

自公「それじゃ委員長の解任動議出すわ」

委員長代理・芝博一(民主)
「私が代理に指名されました。私は解任動議の採決は必要ないと考えますので委員会で審議とか採決とか一切せずに散会。」

自民「まじでいい加減採決しろ」

参議院議長・平田健二(民主)「はい、今日は散会」
(0増5減の採決をさせないため、開かせない)

自民が審議拒否を徹底する議長にキレて参院議長の不信任決議提出

議長、不信任決議の採決を無視して放置

参議院予算委員長・石井一(民主)
「議院運営委員会通さないで俺の独断で勝手に予算委員会開催を決めたからな。与党は出席しろよ」

自公「不信任決議はすべての議決に優先する事項だろうが!まずは本会議開いて採決をしてからだろ。」
~自公、予算委員会欠席~

野党「与党が予算委員会を逃げた!」

自民「お前らの要求通り今国会で平成最長の予算委員会開いて審議に応じたのに、勝手な事やって逃げたとかなに言ってるんだ?。とにかくさっさと不信任決議の採決しろよ」

野党「うるせえ!なにもかも与党が悪いんだ!予算委をサボった与党の国会軽視だ!問責だ!」

自民「は?今日で会期末だろ。お前ら自分達で出した法案まで廃案にするのか?」

野党「うるさい!お前らがすべて悪いんだ!」

安倍首相問責決議、可決。


・子どもの貧困防止法(民主党と合意)
・電気事業法改正案(民主党と合意)
・生活保護法改正案(民主党と合意)
・生活困窮者自立支援法案(提出したの民主党)
・海賊多発海域船舶警備特別措置法案(民主党・みんなの党・維新合意)
・水循環基本法案(外資の森林買収対策、民主など超党派で賛成)
等々が廃案へ”

歯磨きをするだけで虫歯の予防や進行を抑えるだけでなく【虫歯の自然治癒】に効果があることがわかりました★★★
今日はそんな驚きの歯磨き方をお伝えします♪

答え:重曹で歯を磨くだけ

上記だけでは短絡的すぎるので詳しい内容を紹介します(^ω^)

I歯科医院の高楊枝通信。 より引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重曹が虫歯に効くワケ 
「歯医者さんや歯について~(16837)」
[ 虫歯予防一口メモ ]
診療室では、重曹水が炭酸飲料を中和する動画を皆様に ご覧いただいているのですが、まだ観ていない!という方はおられますでしょうか?

ブログ用に小さく編集して掲載しようと頑張ったのですが どうも上手くいきません。
まだご覧になっていらっしゃらない方は、スタッフに「重曹の動画見せろ!」とおっしゃってくださいね。動画の中身は、pH3の炭酸飲料が、重曹水で瞬間的に中和されてpH7になる。というものです。

ちょっと詳しく書くと、 重曹はNaHCO3ですが、 水に溶かすと電離してNa+とHCO3-になります。
このHCO3-は重炭酸塩とか炭酸水素イオンとか呼ばれていて、これがH+(酸)を中和するわけです。こんな風になります。

HCO3- + H+ → H2CO3 → H2O(水)+ CO2(二酸化炭素)

このことは古くから知られていて、歯科衛生士向けのテキストに載っています。「う蝕に関わる要因」の中にHCO3-が唾液の緩衝機能(この場合酸を中和する)として右下端に書かれています。

また耳下腺唾液(噛むと出てくる唾液)の中には HCO3(炭酸水素イオン)が含まれているという図もあります。

噛んだら出る唾液の量が多い程、HCO3も多いのです。だからよく噛んで食べましょう、というお話です。これはDawesという方の1969年の研究です。 このHCO3-という物質が実は重曹だった、ということに歯医者が気が付かなかった、だけ(?)いやはや、とんだ間抜けでした。

F-(フッ素)ばかりに気を取られていた、ということですね。実は重曹は虫歯予防どころか、虫歯の進行を抑え、虫歯の自然治癒に絶大な効果があったのです。重曹水の作り方、ティー・スプーン1杯(3g)の重曹を500mLのペットボトルに入れて水を口まで注ぎ、振って溶かすだけ。
使い方、飲食後なるべく速やかに、重曹水を口に含んでグチュグチュ(^~^)、ペッ。

たったこれだけ。 「カリエスコントロール」飯島洋一・熊谷崇著 医歯薬出版株式会社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、この効果の画像が同じブログの違う記事で見られたので掲載させて頂きます。
使用前の虫歯 使用後の虫歯 確かに虫歯や黄ばみがキレイになっています 続きはこちら

【虫歯予防を超える歯磨き!?】科学を身近に☆NewStream (via kdmsz)

(出典: rui.jp)

238 音速の名無しさん sage New! 2009/01/28(水) 05:47:21 ID:c82jBkYi0
1993年、日本にアジア太平洋地域インフルエンザ・センターが作られた。

それまでアメリカ、イギリス、オーストラリアにしかなかったセンターが
日本に設置されることになったのは、なぜか。

インフルエンザ・ワクチンは、毎年、WHOの専門家会議で、データをもとに今年流行しそうな
インフルエンザを決定し、それに基づいて製薬メーカーがワクチンを作っている。
それまで日本はその元になるアジア各国の膨大なデータを収集し
WHOに送付する仕事だけをやっていた。

担当していた根路銘国昭氏は、これだけの仕事をやってるのに、
日本にインフルエンザ・センターがないのはおかしいとWHOに手紙を書いた。
それに対する返事は
「WHOも国連の安保理と同じで第二次大戦の戦勝国で構成している。
よって日本は入れない。」というものだった。
彼はさらに抗議の手紙を送ったが返事は同じ。
それどころか、WHOに批判的人物として、彼と日本に対し冷淡になったという。

ここで普通の日本人ならどうするだろうか。
なんとか謝罪して、今までどおりの扱いにしてもらおうと努力するか、
そもそも抗議など最初からしないかもしれない。

だが根路銘氏は違った。
なんと、日本が集めていたアジアのデータを1年間、WHOに送るのをやめたのだ。
インフルエンザの大半はアジアから発生するから、そのデータがないと
ワクチンが作れない。WHOは大騒ぎになったという。

そして翌年、根路銘氏にWHO専門家会議への招待状が来た。
その会議で、日本にアジア太平洋地域のインフルエンザ・センターを
作ることが決定され、彼が初代センター長に就任することになった。

239 音速の名無しさん sage New! 2009/01/28(水) 05:47:43 ID:c82jBkYi0
こうしてインフルエンザセンター長になった根路銘氏だが、
WHOはアメリカの製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つ世界だった。

1993年フランスで開かれた国際会議で、アメリカが新開発した
生ワクチンを、まず日本で使うべしという議題があがった。
日本は生ワクチンの効果には疑問をもっていて既に使わなくなっていた。
根路銘氏は、「日本を実験台にして、うまくいけば各国で使うつもりだろう」
と感じたという。
その会議には日本の学者も数十人参加していたが誰も反対しなかった。

根路銘氏ひとりが、「日本は先進国であり、ワクチン政策に君たちの指導を
必要とする国ではない」と反論した。
そこでアメリカの学者に、君たちのデータをOHPで映してほしいと頼んだ。
そして日本のデータと比較すると、日本のワクチンの方が明らかに
効果があるとわかり、他の学者からも「ネロメの方が正しい」
と意見があがった。
こうしてこの議題は流れ、日本人がモルモットにされるのを防いだ。

根路銘氏はこうも言っている。
「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。
日本人同士だとこうはいかない」

240 音速の名無しさん sage New! 2009/01/28(水) 05:51:31 ID:c82jBkYi0
またジュネーブのWHO本部で12人の専門家によるワクチン決定の投票において、
アメリカのワクチン11票、日本のワクチン1票でアメリカ製に決まった。
もちろん1票は根路銘氏のものだ。根路銘氏は科学的に見てこの結果はおかしいと
閉会30分のコーヒーブレイクのときに、2日間の討議で使った110カ国のデータを
つき合わせてコンピュータにかけた。するとアメリカ製は日本の半分しか効果がないと出た。
彼はこの結果を見せて、居並ぶ学者たちに
「君たちは政治家か、科学者か。科学者ならこのデータをどう見る」
と問いかけた。すると議長がテーブルを2回たたいて
「私の判断で採決を取り消します。ドクターネロメが提案した日本の意見に従います」
と結果をひっくり返した。「まるで映画のようだった」と根路銘氏は言う。

根路銘氏はこうも言っている。
「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。
日本人同士だとこうはいかない」

“ 古代刀剣「七支刀(しちしとう)」(国宝)の復元を手がけた奈良県無形文化財
保持者の刀匠、河内國平(くにひら)さん(72)=同県東吉野村=が、現代では
不可能とされた鎌倉~室町時代の名刀が持つ地紋「映(うつ)り」の再現に成功、
刀剣界最高の「正宗賞」を受賞した。
専門家は「不可能とされた現代の材料で再現する技術を持つ唯一の刀匠だ」
としている。

 「映り」は、刀の強度を高めるための特殊な熱処理で発生する、鎌倉から
室町時代の名刀にみられた地紋。江戸時代以降には絶え、現代の日本刀の材料
「玉鋼(たまはがね)」では、再現不可能とされていた。

 河内さんは、「正宗」や「一文字」など名刀を産出した鎌倉時代の古来の
鍛冶作業にこだわり、約40年来の研究や経験を基に、「映り」の再現メカニズム
解明に成功。ほぼ100%の確率で映しを再現できるようなったという。
6月10日に開幕した日本美術刀剣保存協会主催の「新作名刀展」に
長さ77センチの大刀「國平河内守國助(くにひらかわちのかみくにすけ)」を出品。
「該当なし」が続いた正宗賞の太刀で、18年ぶりの受賞者となった。

 河内さんはこれまで、伊勢神宮第61回式年遷宮で太刀と鉾(ほこ)を制作したほか、
藤ノ木古墳出土の刀剣も復元。昭和62年、最高位の刀匠「無鑑査認定者」に
認定された。

 同協会の石井彰・学芸員は「驚くべき画期的な成果。現代の刀匠では、
太刀に映りを再現させる技術を持つただ一人ではないか」と評価。
河内さんは「刀鍛冶の鎚(つち)を振るようになって半世紀が過ぎようとしているが、
ようやく約40年来の夢が実現した。さらに技術を磨き、正宗や一文字に
負けない歴史に名を残す名刀を生み出したい」と話している。”

★消された「通州事件」
 
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tushujiken.htm
盧溝橋事件の約3週間後に起こった、
おそるべき虐殺事件についてご存知でしょうか。
北京の東にある通州というところで起きた
この「通州事件」は、今ではほとんど語られません。
学校の教科書には全く出てきませんし、
多くの歴史書や年表にも殆ど載っていません。
若い人たちは、事件の名前すら知らない人が殆どでしょう。
 
 この通州事件は、昭和12年(1937)7月29日に起こった、
中国人の保安隊による大規模な日本人虐殺事件です。
殺されたのは、通州の日本軍守備隊、日本人居留民
(多数の朝鮮人も含む)の約260名で、中国兵は、
婦女子に至るまで、およそ人間とは思えないような方法で
日本人を惨殺したのです。
 
 戦後の東京裁判で、弁護団は通州事件についての
外務省の公式声明を証拠として提出しようとしました。
しかし、ウェッブ裁判長によって、
その申し出は却下されました。
この事件にふれてしまうと、日中戦争は日本だけが
悪いと言えなくなってしまうという判断があった
からでしょう。

ただ、通州事件の目撃者による口述書だけは受理されました。
あまりに残虐な内容ですが、その一部を引用します。
 
「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の
 死体が横たわっていた。
 某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、
 婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。
 旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、
 強姦射刺殺され、陰部にほうきを押しこんである者、
 口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者
 など見るに堪えなかった。
 
 東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合わせて、
 それに八番線を通し、一家6名数珠つなぎにして
 引き回した形跡歴然たる死体が浮かんでおり、
 池の水は真っ赤になっていた。
 夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と
 叫んで各戸ごとに調査すると、
 鼻に牛のごとく針金を通された子供、
 片腕を切られた老婆、
 腹部を銃剣で刺された妊婦などが、
 そこそこのちり箱の中やら塀の陰から出てきた

 
 どうでしょう、
これが人間のやることでしょうか。
中国の保安隊は、日本人居留民を通州城内に集め、
城門を閉じ、逃げられないようにして、
一斉に殺戮行為を開始したといいます。
決して偶発的な出来事というわけではなく、
明らかに事前準備と計画をともなった組織的な行為
だったのです

当然ながら、この虐殺の報は現地の日本軍兵士を
激昂させましたし、日本国内にも伝わって、
国民の中国に対する怒りは頂点に達しました。
 
 盧溝橋事件は、純粋に軍どうしの衝突であり、
それは現地で解決がはかられました。
ところが、この通州事件は明らかな国際法違反であり、
その殺し方はまさに鬼畜のしわざとも言えるものでした。

当時の日本人の反中国感情はこの事件を抜きにして
理解することはできないのです。
また、この事件に触れずに
日中戦争を語ることはできないと思います。

“これぞ日本語の美しさ。

●驟雨(しゅうう)
突然降り出す雨。俄雨(にわかあめ)。たいてい入道雲ができて雷と共に降ってきます。
●地雨(じあめ)
しとしとと振りつづく雨。纏わり付くようなうっとおしい雨。
●肘かさ雨(ひじかさあめ)
急に降り出した雨。肘を傘の代わりにして軒先まで走る様子からこう呼ばれています。
●篠突く雨(しのつくあめ)
篠とは群生する細い竹のことで、篠を束ねて突きおろすように激しく降る雨です。
まさに槍が降っているようですね。
●村雨(むらさめ)
群雨/叢雨ともかく。群になって降る雨。玉が散っているような雨のことです。
●怪雨(あやしあめ)
花粉、黄砂、火山灰などいろいろな塵が混じって降る雨のことです。
●天泣(てんきゅう)
空に雲が無いのに細かい雨が降ってくることです。狐の嫁入りとも呼びますね
●外待雨(ほまちあめ)
自分の畑だけに降るような雨、局地的な雨のこと。近畿地方では私雨も呼びます。

梅雨が付く雨の呼び名

●入梅(にゅうばい)
梅雨に入る事をこう呼びます。最近はかなりおおまかになりましたね。
●栗花落(ついり)
梅雨入りのことです。この頃は栗の花が散るのでこう呼びますが、「堕栗花(ついり)」という字で表現する事も有ります。
●五月雨(さみだれ)
梅雨のことです。旧暦の5月に降る雨ですので今の暦ではちょうど梅雨時期ですね。
●梅雨(つゆ)
江戸時代頃から「ばいう」→「つゆ」と呼ばれるようになりました。漬「ついゆ」などが語源とされています。
●菜種梅雨(なたねつゆ)
3月下旬から4月 菜種の生る頃にかけて関東よりも西の地域で天気がぐずつくことです。
●走り梅雨(はしりづゆ)
5月の中旬から下旬にかけて梅雨を思わせるようなぐずついた天気が続く事です。
●送り梅雨(おくりづゆ)
梅雨があける頃の雨の呼び名です。
●戻り梅雨(もどりづゆ)
梅雨があけたと思ったらまた雨が降り続く事です。
●空梅雨(からづゆ)
雨の少ない梅雨の事です。
●山茶花梅雨(さざんかつゆ)
初冬に比較的短い期間ぐずつく雨のことです。

季節による雨の呼び名

●時雨(しぐれ)
晩秋から初冬にかけて、ざっと降ったかと思ったら、すぐに青空が戻ってくるような雨です。
●村時雨(むらしぐれ)
ひとしきり強く降っては通り過ぎてゆく雨のことです。
●片時雨(かたしぐれ)
ひとところに振るの時雨のことです。
●横時雨(よこしぐれ)
横殴りに降る時雨のことです。
●春時雨(はるしぐれ)
春なのに時雨を思わせるほどの冷たい雨の事です。
●小糠雨(こぬかあめ)
春先にしとしとと降る霧雨。ひそか雨とも呼ばれます。
●春雨(はるさめ)
いつまでも降り続く地雨のようなしっとりした雨。春の後半の菜種梅雨の頃の雨です。「春雨だ濡れて参ろう」なんて粋な台詞が有りましたね。
●春霖(しゅんりん)
3月から4月にかけて天気がぐずつく時期のこと。春の長雨とも呼ばれますが。地方によっては菜種梅雨と呼ばれます。
●翠雨(すいう)
青葉に降りかかる雨の事です。
●緑雨(りょくう)
新緑の頃に降る雨の事です。
●麦雨(ばくう)
麦の熟する頃に降る雨の事です。
●甘雨(かんう)
草木を潤う雨の事です。
●瑞雨(ずいう)
穀物の成長を助ける雨の事です。
●卯の花腐し(うのはなくたし)
旧暦の4月から5月の卯の花が咲く頃に降る雨。この頃の曇り空を卯の花曇と呼びます。
●秋霖(しゅうりん)
秋の長雨のことです。

日にち限定の雨の呼び名

●虎が雨(とらがあめ)
旧暦5月28日頃にに降る雨です。有名な仇討ち話で 曽我兄弟の仇討ちというのが有りますが、見事本懐を遂げたのが旧暦の5月28日、その時曽我兄弟の兄曽我十郎は取り巻きの武士に斬られて討ち死にしますが、彼には恋人がいました。それが「大磯の虎」とも呼ばれた遊女、虎御前で、彼女が悲しんで流す涙が命日に雨となって降ると言われ「虎が雨」と呼ばれるようになったと言う事です。
●洗車雨(せんしゃう)
旧暦7月6日に降る雨です。彦星が織姫に会う為に牛車を洗う水が雨になると言われています。
●酒涙雨(さいるいう)
旧暦7月7日に降る雨です。これは雨のために会えなかったということでは無く、年に一度しか会えない惜別の想いの涙だと言われています。
●御山洗(おやまあらい)
旧暦7月26日に降る雨。山の不浄を洗い清める雨です。
●半夏雨(はんげあめ)
夏至から数えて11日目の半夏生の日に降る雨です。
●寒九の雨(かんくのあめ)
寒に入って9日目に降る雨。豊年万作の兆しといわれます。

その他
●作り雨(つくりあめ)
打ち水のことをこう呼びます。
●樹雨(きさめ)
濃霧の森を歩いているときに木の葉からしたたり落ちてくる雨の事です。

http://fritha.cocolog-nifty.com/wordsworth/2007/02/post_7b50.html (via k-tsukudani)

ほぉ~こんなにあるのか、雨の呼び方。

(via mayoshima)